IT業界でなら必ず役立つプログラミング

  • プログラミング初心者なら配列と仲良くなることが大切

    • プログラミングを始めて間もないころは、配列に慣れ親しむことが必要です。
      配列には多数のデータを保持する役割があるので、配列操作を楽しみながら複雑なプログラミングの組み方を学ぶ機会を得られます。一時的にデータが保持される喜びを感じるには、配列を扱いながらプログラミングする方法が一番です。

      実生活に役立つアプリを作ることを想定した場合、入力したデータを一時的に保持しておきたいと考えることがあります。

      そんなときには、配列にデータを格納する方法があります。
      数行のプログラムを記述するだけなので、敷居が低いと言えます。
      変数を定義して、そこに代入したデータを表示させるプログラムは、勉強開始一日目でも容易に作ることができます。

      その一方、配列の概念は一朝一夕に習得できるものではありません。

      Rubyを除けば変数型の制限がありますし、多くの言語では多重配列の概念があります。
      それらは、参考書を一読しただけで完全に理解することは難しいのです。


      実際にコーディングしながら、理解を深めていく他に方法はありません。

      配列操作ができるようになると、データベースと連携したプログラミングに取り掛かる際に理解が早くなります。

      コードの記述内容は違うものの、データを取り扱う概念はデータベースも配列も似通っているからです。
      配列操作で得た知識を応用することも可能ですから、データベースを扱うレベルに到達していないプログラミング初心者こそ配列と仲良くなる必要があります。

















  • 関連リンク

    • プログラミングを始めて間もないころは、配列に慣れ親しむことが必要です。配列には多数のデータを保持する役割があるので、配列操作を楽しみながら複雑なプログラミングの組み方を学ぶ機会を得られます。...

    • プログラムを作ることができるというのは情報機器を誰もが扱うようになった現代においては大きな武器です。プログラミングを学ぶことによってパソコンのソフトウェアやスマートフォンのアプリ、ブラウザで動作するアプリケーション等を制作できるようになるとそれだけで就職も転職も容易になります。...