IT業界でなら必ず役立つプログラミング

  • 大規模開発に対応する為のプログラミング

    • プログラミングは、コンピューターの性能を引き出して、利用者が使いたい機能を実現する為の手段です。


      サーバ向けやデスクトップアプリケーション向け、Webアプリケーション向けなど色々なタイプのプログラミング言語が存在します。
      プログラミング言語を使って、プログラムを記述する際には、一からクラスやメソッドを書いたりしていますと時間が掛かってしまいます。

      その為、一般的にはフレームワークやライブラリといった物を使って開発を進めていく事になります。大規模なシステムを構築する際には、それぞれの機能を分けてプログラムを記述していきますので、MVCと呼ばれるアーキテクチャーに対応しているフレームワークやライブラリを導入するのが良いでしょう。MVCアーキテクチャーは、処理のさせ方、画面表示、データの管理方法といった物をそれぞれ分けておく事で、効率的に処理を行っていく事が出来る仕組みです。
      この方法を採用する事で、コードが混じって見難くなる事を防ぎ、データの管理がしやすくなりますので、大規模なシステムの構築がしやすい環境を構築する事が可能です。
      システムの保守がしやすくなりますので、デザイン部分で修正をしたい場合にはビュー部分を修正すれば良く、処理方法の修正を行う場合には、モデル部分を修正していきます。


      デザイナーとプログラマーが並行して作業していく事が可能になりますので、チームで開発を行っている時には、非常に効率の良いプログラミングスタイルと言えます。

















  • 関連リンク

    • プログラムを作ることができるというのは情報機器を誰もが扱うようになった現代においては大きな武器です。プログラミングを学ぶことによってパソコンのソフトウェアやスマートフォンのアプリ、ブラウザで動作するアプリケーション等を制作できるようになるとそれだけで就職も転職も容易になります。...

    • プログラミングは、コンピューターの性能を引き出して、利用者が使いたい機能を実現する為の手段です。サーバ向けやデスクトップアプリケーション向け、Webアプリケーション向けなど色々なタイプのプログラミング言語が存在します。...